Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. メガネとコンタクトレンズ
メガネとコンタクトレンズ

メガネとコンタクトレンズ

視力が悪くなってきた際、メガネとコンタクトレンズのどちらを選ぶか迷いますよね。 視力補整効果に変わりはないそうですが、目のトラブルや負担、ケア方法などで大きく異なる点があるといわれています。 そこで今回は、それぞれの違いやメリット・デメリットについてお伝えします。 コンタクトを付ける勇気が出ない方や、2つの特長を知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

2024.02.06

メガネとコンタクトレンズの違いとは

メガネ

コンタクトレンズ

視力補整方法

メガネフレームを用いて外から補整

目にレンズを入れる

安全性

目のトラブルがあっても使用可能

目のトラブルに繋がる可能性もある

手入れ

レンズを拭くだけなので比較的簡単

目の中に入れるものなので、入念なケアが必要

視野

フレームがあるため、狭い傾向にある

目に入れるため、広い傾向にある

装用時間

制限なし

寝る際は外す

それぞれの違いは、視力補整レンズを目に入れるか否かです。

メガネの場合、フレームなどを用いて装着するため、目に接触することがなく感染症のリスクが低いといわれています。
装着も簡単ですが、デザインやフレームの重さによっては、見た目や快適さに影響することもあるそうです。

コンタクトレンズは、目にレンズ入れることで視力補整をするものです。
メガネと比べて視野が広く、見た目に影響がないといわれている一方で、乾燥やアレルギーなどによるトラブルが起こりうる可能性があるとされています。

メガネのメリット・デメリット

ここでは、メガネのメリット・デメリットについてお伝えします。

メリット

メガネは目に接触することがなく、起こりうるトラブルも少ないといわれています。目への影響も少なく、目の調子が悪いときでも使用できる傾向にあるそうです。
また、手軽に着脱可能で、運転中やスポーツの際など必要に応じて使用したり、外したりできる柔軟性があるとされています。

メガネフレームも多様な種類があり、仕事中はシンプルなデザイン、遊びに行くときはカラフルなデザインなど、状況に合わせて使い分けられることもメリットの一つでしょう。

デメリット

メガネは、外からの衝撃があるとフレームが目に入ってしまったり、レンズが割れてしまったりなどのトラブルが考えられるため、スポーツをする際は向いていないそうです。

また、使用する場面によってはレンズが曇ったり汚れたりし、視界が悪くなる可能性もあるといわれています。

コンタクトのメリット・デメリット

ここでは、コンタクトのメリット・デメリットについてお伝えします。

メリット

コンタクトレンズは目に直接レンズを入れるため、メガネに比べて視界が広くなったり、見た目が変わらなかったりするといわれています。
衝撃などを気にすることも少ない傾向にあり、スポーツやアウトドア活動などで眼鏡が邪魔になる場合でも快適に活動できるそうです。

また、使用期間や素材別に豊富な種類が展開されているため、自分の目の状態やライフスタイルに合わせて選べることも大きな魅力とされています。

デメリット

コンタクトレンズは、メガネに比べて感染症や角膜損傷などのリスクが高い傾向にあるといわれています。
また、合わない素材や長時間の使用によっては、目の乾燥や疲労を引き起こすことがあり、視力低下や眼精疲労などの症状を招く可能性も考えられるそうです。

コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズには「ワンデー」「2week」「1month」「乱視用」「遠近両用」など、さまざまなタイプが存在します。ここでは、それぞれの違いについてご紹介します。

ワンデー

ワンデーは、1日使い捨てタイプです。
毎日新しいレンズを使うため、清潔で快適に装用できたり、洗浄や保存の手間も不要だったりするといわれています。

コンタクトレンズの使用頻度が不定期な人や常に清潔な状態を保ちたい人は、コンタクト通販「レンズアップル」で取扱いのあるワンデータイプがおすすめです。

レンズアップルの「ワンデー商品」はこちら

2week

2weekは、2週間ごとに交換するタイプです。
ワンデーと比べてコストパフォーマンスが高く、長期間にわたって安定した視力を得られるそうです。

毎日コンタクトレンズを使用したい人や目が乾燥しやすい人は、コンタクト通販「レンズアップル」で取扱いのある2weekタイプがおすすめです。

レンズアップルの「2week商品」はこちら

1month

1monthは、1か月ごとに交換するタイプです。
長期間使えるため1日あたりの価格が安く、何度も購入する手間が不要といわれています。

コスパ重視の人やコンタクトレンズのケアが苦にならない人は、コンタクト通販「レンズアップル」で取扱いのある1monthタイプがおすすめです。

レンズアップルの「1month商品」はこちら

乱視用

乱視用は、角膜や水晶体の異常により起こる、乱視の補正が期待できるタイプです。
ワンデー、2week、1monthの各種類に対応しており、乱視の程度や状態に応じて最適なレンズを選ぶことができます。

豊富な種類から乱視用コンタクトレンズを購入したい人は、コンタクト通販「レンズアップル」がおすすめです。

レンズアップルの「乱視用商品」はこちら

遠近両用

遠近両用は、近くと遠くの両方を見やすくするために、一枚のレンズに異なる度数が入っているタイプです。
老眼などの影響により近くが見づらくなった方や、明るさにより見え方が異なる方におすすめといわれています。

遠近両用のコンタクトレンズがどれか分からない方は、コンタクト通販「レンズアップル」で簡単に探すことができます。カテゴリ別に掲載しているので、ニーズに合う商品が見つかるでしょう。

レンズアップルの「遠近両用商品」はこちら

メガネがオススメな人

メガネはケアが簡単といわれており、目のトラブルも起こりにくい傾向にあるそうです。
また、目に接触することがないため、ドライアイやアレルギーがある方でも快適な視力補正が叶うといわれています。
そのため、ケアの手間や目の健康を重視したい人は、メガネを選ぶと良いかもしれません。

最近では、ネットで買うこともでき、お店に出向いてサイズ調整などをする手間も不要です。通販サイト「レンズアップル」は、30日以内なら度数交換対応していたり、バーチャル試着などもできたりするので、自分に合うメガネを気軽に購入したい方は参考にしてみてくださいね。

レンズアップルの「メガネ」はこちら

メガネがオススメな人まとめ

・日常的なケアが楽なため、面倒くさがりの人にオススメ
・目に接触することがないため、ドライアイやアレルギーを抱えている人にオススメ
・トラブルが起こりにくいため、目の健康を重視したい人にオススメ

コンタクトがオススメな人

コンタクトは目に直接レンズを入れるため、視界が狭くなったり曇ったりする心配が少ないそうです。
そのため、スポーツをする人やメガネの重さが気になる人にオススメだといわれています。

また、メガネは顔の印象を大きく変える一方で、コンタクトレンズは顔の印象を変えることなく、自然な見た目でいられる傾向にあります。
雰囲気を変えたくない人や、自分の目の色や形を活かしたい人におすすめかもしれません。

コンタクトレンズがオススメな人まとめ

・曇る心配も少ないため、スポーツをする人にオススメ。
・目に直接入れるため、視野を狭くしたくない人にオススメ。
・顔の印象を変えないため、自然な雰囲気が好きな人にオススメ。

まとめ

今回は、メガネとコンタクトレンズの違いやメリット・デメリットについてお伝えしました。
それぞれの違いは、目に入れずケアが楽なものが「メガネ」、目に入れるためケアが大切なものが「コンタクトレンズ」と覚えておきましょう。
また、メガネは負担が少ない一方でスポーツに適していない、コンタクトレンズは印象を変えないが目のトラブル時は使えないなど、双方にメリット・デメリットは存在します。
選ぶ際は、自分のライフスタイルやニーズを基準にすると良いかもしれません。

この記事を通してメガネやコンタクトが欲しくなった方は、当サイトをご利用ください。
レンズアップルでは、コンタクトのみならずメガネの取扱いもしています。レビューをもとに豊富な種類から選べるので、商品選びで迷っている方は参考にしてみてください。

レンズアップルはこちら

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。